読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まりお流ラーメンに行ってきた

会社の先輩たちと、奈良県にあるまりお流ラーメンに行ってきました。

ここはとにかく濃いのが特徴で、メニューのラーメンも全て濃度が書かれています。

1番濃度が低いのが塩系で0。1番濃いのはオリンポスと名付けられたラーメンで、濃度30となります。

基本的に濃度が高くなるとお値段も上がる傾向で、濃度15の霧島で1500円、濃度20の富士山で2000円コースです。

ラーメンに2000円!と驚きますが、それでも気になる超濃厚ラーメンを食べたい人が訪れるマニアックなラーメン店です。

 

家を17時に出発して到着が18:30。この時点で19組待ちでした。

1時間ほど並んで店内へ。

 

とりあえず私がまりお流背脂豚骨(濃度7)とミニチキンカレー、先輩は新鹿児島(濃度5)、それと霧島(濃度15)、ミニカレーのセットで注文しました。

 

最初に来たのはカレー。

f:id:guchi_infinity:20170507225521j:image

何も具が入ってないように見えるカレーですが、これが美味い。

実際何が入ってるかよく分からないけど、とても美味いです。

 

そしてメインディッシュが登場。

f:id:guchi_infinity:20170507225559j:image

トッピングでトントロを足したのですごい量の焼豚が入ってます。そしてやばいくらいの背脂。臭いもすごい豚骨臭です。

 

一口食べると口の中がギトギトになって、でもすごい旨味が広がります。

 

 (゚д゚)ウマー

 

でも脂がきつすぎて30過ぎのおっさんにはダメージでかすぎ。

今回のメンバーで1番若い私は完食しましたが、残り2人はリタイヤしてました。

特に霧島は濃すぎて箸が止まってました。味は美味いのになぜか箸が動かないとか言ってました。

 

美味いんだけど、濃すぎて体がついて行かないといった感じ笑

 

帰りに脂肪の吸収を抑制するペプシを飲みながら、あのラーメン凄かったなーとラーメン談義をしながら帰って来ました。

 

高いラーメンですが、明らかにお金と手間がかかっているラーメンという感じで独自路線を突っ走ってます。

 

近畿圏内で濃いラーメンを食べてみたい方、是非まりお流ラーメンをお勧めします。