読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UPQというベンチャーのやり方はいただけない

japanese.engadget.com

 

元カシオの美人社長が立ち上げたというベンチャー企業UPQ。

半年で大量の商品を出して一躍有名になりました。

しかしここから出る商品は、なんというか

「ちゃんとチェックしてるの?」

って思うものが多いです。

 

最初に話題になったのはスマホ

2ヶ月でスマホを発売してすげーって言われてたけど、

技適を通ってないスマホを平然と販売しちゃう会社ってどうなの?

 

私は元設計で色んな規格に通っているかチェックをしていたこともありますが、

日本で販売する商品は様々な条件をクリアする必要があります。

1つの商品ですら大変なのに、それをチェックしつつ大量の商品を出すのは

私は不可能だと思います。ろくなチェックもせずにそのまま出したのでしょう。

 

そして今回のテレビ問題。売りの一つとして120Hz対応を謳っていたのに、それが

未対応。そしてその対応が2000円分も商品券。

 

どうせお前ら言われるまで気づかなかったんだからコレで十分だろ?って

言ってるように見えます。

対してDMM販売分は返金対応。

普通の会社だとこれが普通だと思います。

 

forbesjapan.com

 

今にあったものづくり、というけれど。

 

このUPQという会社はものづくりを何か間違えているような気がします。

これならただの横流しと変わりません。

こんなメーカーがものづくりを語るのはちょっと納得できませんね…